こんにちはゲストさん
SiMメルマガ配信システム
 

『メールマガジン』と聞くと必ずしも良いイメージばかりではないと思います。真っ先に受信の意図とは関係なく勝手に送られてくる『迷惑メール』を浮かべる方も多いことと思います。しかし、あれはメールマガジンではなくその殆どがスパムメールなどと呼ばれる『迷惑メール』です。
スパムメールなどの『迷惑メール』と『メールマガジン』は全く別のものです。例えば電話でも知らない人から一方的に掛かってきたら迷惑ですよね?これと同じで購読者の意志に関係なく勝手に送りつけてくるのが『迷惑メール』で、必用な有意義な情報を送って来るのが『メールマガジン』と云えます。しかしながら、送られてくるメールが『迷惑』かどうかは、受け取る側の捉え方があり、完全な区別は出来ないと思いますが、概ね次のような事に注意すれば『迷惑メール化』せずに済むかと思います。

   
 

迷惑メール化しないためには・・・

 
  • メールアドレスをインターネットなどから勝手に入手し送らない。
  • メールマガジンの購読開始・停止は購読者がいつでも操作出来るようにする。
  • 配信頻度の考慮。(業種により様々ですが、あまり頻繁に配信すると『迷惑メール化』する場合がありますので注意が必要です。)
  • 必要以上に長い文章を避ける。(携帯電話などはパケット料金が発生しますので、無駄に長い文章は避けるべきと思います。)
  • 配信内容は出来る限り購読者に有利な情報を。(これが最も難しいかも知れません、メールマガジンの場合、一度に多数の方に情報が送れるもので、どうしても配信者側の立場で送ってしまいがちですが、出来る限り受け取る方の立場で送るように気をつけましょう。)
   
 

メールマガジンに優位性

 

他の媒体と決定的に違うのが『時間です!』
例えば急に数百〜数千人の方に情報を伝えようとした場合に、どのような方法があるでしょう?

【電話・FAX】 留守・電話代・人件費・時間などの面からなかなか一度に同一の情報を伝えるのは難しいと思います。
【広告】 費用はもとより急な情報を伝えるには時間が掛かりすぎます。
【はがき・DM】 これも、時間・費用の面から急な情報発信には適さないですね?
   
※『メールマガジン』が他の媒体と比較して全ての面で優れている訳ではありません、どんな媒体にも得手不得手はありますので、その特徴に応じて利用するのが適切かと思います。

   
 

メールマガジンの設置

  メールマガジンシステムは、単独でNET上に設置するのは、非常に困難です。やはりホームページにメールマガジンシステムをリンクさせて設置するのがベストかと思います。
   
 

メールマガジンの配信

  配信もブラウザ操作(インターネット操作)によって、配信出来ます。場合によっては弊社でお引き受けする事も可能です。
   
 

メールマガジンのメンテ

  以外に忘れられるのが、メールアドレスのメンテナンスです。
 

PCの場合はあまり発生しませんが、携帯電話のメールアドレスは一年間で20%〜30%程度が変更されると云われております、つまり約3〜4年で全てのメールアドレスが入れ変わってもおかしくないないわけです。

これらの使われなくなったメールアドレスに対してメルマガを配信し続けることは、NET上の通信網に負担がかかり、他のメールサーバなどにたいし迷惑をかける結果になりますので、日頃からメールアドレスのメンテナンスは行っておく必用があります。
※本来であれば、使われなくなったメールアドレスは購読者が購読解除作業により削除して頂くのがベストなのですが、実際にはこのような作業を行っては頂けない事が多いようです。

   

■ 1〜1件 全1件中